イベント >展示住宅−NO.7


■ インターネット住宅展示 ⇒ NOー7


 建物概要
木造2階建住宅
在来工法
外断熱工法
建築面積:98.43u(29.77坪)
1階:97.41u(29.46坪)
2階:75.35u(22.79坪)
述床面積:172.76u(52.25坪)

建物の特徴
丸い屋根にアールのボウウインドー出窓、アールに反り上がった玄関庇、アールの壁とアールのデザインをつかい、丸い壁に太い目地を入れて重厚感を出し丸みを強調したリズミカルな白い家です。
駐車場奥のご主人の書斎の屋根をウッドデッキのバルコニーとしたので2階の外部空間も結構広い、夏には子供さんの友達が来てテントを張って泊まるそうです。
南西側から見た外観イメージ写真
敷地は60坪程度で狭く、駐車場の上にバルコニーの屋根が被っています。2階の丸い屋根の上の窓は子供室のロフトの窓です。こちら側から見ると屋根が変化にとみ、バルコニーが大きく張り出しているので結構大きな家に見え、白い外壁が印象的です。実際にも52.25坪あるので結構広い。 
展示住宅NO-7・建物正面写真-1 
玄関正面を見た写真
西向きの玄関です。建物のアールのデザインに合わせて塀もアールにした。塀の下部を色を変えてアクセントにした。駐車台数は2台。道路境界線から玄関までの距離が少ないこともあり、塀を作り玄関周りが丸見えになることを防いだ。切妻の直線的な屋根とアールの屋根がコケティシュな感じがして可愛らしい。 
建物正面写真-2 
リビングから和室を見る
リビングから一段高くなった和室をみる。和室の下部には家族人数分の5つの引出しを作り一人一人が責任を持って自分の持ち物を片付け管理しリビングが散らからない工夫をしています。和室には和紙で照明を作り、柔らかい空間にしています。和室とリビングは引き戸で仕切ることができます。 
リビングから和室を見た写真 
ロフトに通ずる透かしの階段を見上げる
明るいリビングにして欲しいと要望があり、リビングの一部は吹き抜けとしています。吹き抜けにかかる階段は明るい採光を確保するため光を通す透かしの階段とした。吹き抜けだとエアコンが効きにくくなるため夏は風通しをよくし、暑い空気を上に上げるようにし、冬は暖気が下に回るようにサーキレーションを行うようにした。 
ロフトに通じる透かしの階段を見上げた写真