施工実例洗面脱衣・浴室の実例


■ 洗面脱衣・浴室の施工実例

 在来工法の浴室の場合バリアフリーでないことがほとんどで防水もされていません。漏水で土台等が腐食していることがよくあります。システムユニットバスはバリアフリーで漏水の心配もなく、断熱浴槽でお湯は冷めにくく、床などもヒートショックが起きにくくできています。


 また、全自動で追い焚きできる省エネ給湯器の設置で温度設定も楽でキッチンが電磁調理なら電化住宅となり電気料金が割安となります。


K邸、ユニットシステムバス  タカラ耐震システムバス「ぴったりサイズ」
 在来方法だった浴室をタカラ耐震システムバス「ぴったりサイズ」に変えた。
 元の浴室が狭く、広げるスペースもないので「ぴったりサイズ」のあるタカラにした。
 「ぴったりサイズ」といっても既存の浴室の内側に設置するので既存よりは狭くなります。在来工法の既存の浴室より狭くなったが壁・人大浴槽など清潔で今風のデザインに変わるとあまり狭さは感じず、気持ちよさのほうが勝るようです。
K邸、洗面脱衣室  洗面脱衣室
 既設の洗面脱衣室の改装で床・壁・天井を下地から新しくし入口ドアは開き戸から引戸に変えた。
 洗面化粧台は入れ替え、部屋の寸法が多少広がったので洗濯機パンが設置できた。ほんのわずかな寸法の広がりですが、以前は洗面化粧台の向きも違い、使いにくく別の場所にある洗面化粧台を使っていたそうですが新しくなってからはこちらの洗面化粧台を使っているそうです。
K邸、日立電気温水器460リットル フルオート  電気温水器
 日立電気温水器460リットル フルオートを設置した。もちろん、フルオートなので追い焚き付き、お湯はり、温度設定、追い焚きがすべて全自動。